土浦市、つくば市近郊の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ土浦店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
有限会社藤井塗装工業 土浦店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-441-164
営業時間 9:00~18:00

フリーダイヤル0120-441-164

現場ブログ

外壁に防水処理はすべき?防水塗装の役割とタイミングをご紹介します!

外壁の劣化を抑えてメンテナンス頻度を少なくしたいとお考えの方は多いでしょう。
外壁の劣化を抑える手段の1つとして防水処理がありますが、防水塗装は果たして有効なのでしょうか。
そこで今回は、外壁の防水塗装の役割をご紹介します。
また、防水処理に最適なタイミングもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□外壁の防水塗装の役割をご紹介!

防水塗装とはその名の通り、雨などによる浸水を防ぐための塗装を言います。
実は「防水塗料」という種類の塗料があるわけではなく、塗料の中でも防水性能の高い塗料を防水塗装と呼びます。
具体的には、ヒビ割れから起こる雨漏りを防止するために、ヒビ割れに強い弾性塗料を使って塗装します。
防水塗装で用いる「弾性塗料」と塗料の上から塗布する「防水材」は、名前が似ていても全く異なるものなので注意しましょう。

住宅の外壁は目に見えませんが、地震はもちろん、それ以外にも毎日受ける風やホコリ、振動で少しずつダメージを受けています。
このダメージがどんどん蓄積することでヒビ割れが発生し、ここから住宅内部に水が侵入して住宅内部の構造材を腐らせます。
そして、結果として住宅の寿命を縮めることに繋がってしまうのです。
この外壁のヒビ割れから生じる水の侵入を防止するために、防水塗料を使用するのは非常に効果的と言えるでしょう。

□外壁の防水処理をする最適なタイミングとは?

一般的に、外壁の防水対策については、外壁のリフォームや張替えの際に同時に行うことが多いです。
築年数10年が目安とも言われていますが、雨の多い地域や寒い地域については、建物への甚大な被害を予防する目的で早めに防水対策をするのがおすすめです。

また、タイル仕上げや土壁などひび割れが起こりやすい外壁については、ひび割れする前に施行することでより長期間建物を守れるでしょう。
建物のリフォームは、設備や塗装の劣化が明らかに目立ってきたら行うものとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、傷みきる前にメンテナンスを実施しておくことで、より建物の寿命を延ばせて、結果的にお得になる場合もあります。

特に防水は建物の寿命に大きく関わるため、業者による診断と補修を定期的に行うのが大切です。

□まとめ

今回は、外壁の劣化を抑えてメンテナンス頻度を少なくしたいという方に向けて、外壁の防水処理の役割についてご紹介しました。
また、外壁の防水処理をする最適なタイミングについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

人気記事